絵画仲介が利用される理由 « 絵画の販売・仲介ならアンシャンテ

絵画の販売・仲介ならアンシャンテ

絵画仲介が利用される理由

絵画に「中古」という概念は適さない

○○○○年に描かれたものとか、今年の新作というものはございますが絵画に関しては家や車の中古物件のような概念は適していないと思います。
額は古くなり、傷むことがございますが、入れ替えれば新品額になります。
絵は経年変化するものです。購入時には、コンディション、絵の出来、評価などが重要となります。

よい絵画ほど「人」から「人」へ流通する

時代を超えて人気の高い絵画は、売買を繰り返し、市場に出回ります。資産運用、相続関係など、様々な要因がございます。よい絵画は、「人」から「人」へ大切に流通されます。

絵画を「高く売る」「安く買う」方法があります

図1は、通常の絵画を買取と、再流通の流れを示しています。皆さまは買取価格にご満足していますか。図1のように、売り主と買い主の間に業者が入る為、買い主の購入金額は流通費用が加算されてしまいます。

図1

図2は絵画仲介の流れを示しています。当社の仲介は、売り主、買い主の双方が納得いくまで価格交渉いたします。
仲介交渉により売り主は買取価格より「高く売る」ができ、買い主は、小売価格より「安く買う」ことができます。※仲介手数料はご負担いただきます。

図2

信用と実績で安心の絵画販売、絵画仲介

アンシャンテは創業1995年、今年2016年で21年を迎えました。ホームページ開設は1995年より業界に先駆けて絵画のネット販売をいたしました。絵画仲介は、2000年から本格的にはじめさせていただきました。個人での絵画売買は代金の回収、作品の真贋の見極めなどが大きな問題でした。これまでの実績をもとに、安心して当社に絵画仲介をご依頼ください。

先頭へ